魚

魚油の効果と副作用について

油脂(脂質)は人間が生きていくためには欠かせないエネルギー源です。
細胞を構成する上でも大切な成分です。

しかし、油脂を取り過ぎると、太る原因になったり、血管を詰まらせて動脈硬化の原因になったりします。
一般に天然の油脂はグリセリンと種々の脂肪酸からできていますが、この脂肪酸の融点が問題になってきます。

融点が高い飽和脂肪酸は常温で固まってしまいますので、血管を詰まらせる原因になります。
それに対して融点が低い不飽和脂肪酸は常温では液体です。

植物性油脂に含まれる脂肪酸のリノール酸やオレイン酸などは不飽和脂肪酸が多いのに対し、
動物性油脂のパルチミン酸などは飽和脂肪酸を多いです。

しかし、魚油に多く含まれるのはエイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸などは、
高度不飽和脂肪酸(n-3系脂肪酸)と呼ばれ、常温でも液体を保ち、さらに健康にもとても
良いと注目されています。

魚油に含まれるn-3系脂肪酸は、血液中の中性脂肪やコレステロールを抑制する効果があり、
さらに善玉コレステロールを増加させて、動脈硬化を防いでくれる効果があるのです。

しかし、魚油を摂取し過ぎると副作用はないのでしょうか。基本的に副作用はありません。
ただ酸化してしまった魚油を摂取すると、げっぷや吐き気をもよおすことがあるかもしれません。

また、魚の中に水銀や有害物質が蓄積されているのではないかと心配される方もあると思いますが、
高品質サプリメントであれば、それらはほとんど除去できているので心配はないでしょう。