魚

魚油は酸化しやすい性質

近年健康に良いと話題の魚油とは
近年、EPAやDHAなどの魚油の摂取がが健康に良いとして話題になっています。
魚油とは魚から採取される脂肪油で、イワシやサンマなど大量に捕獲される魚類が原料となります。
魚を煮て圧搾し得られる油で、新鮮で新しいものは淡黄色で無色に近いです。

EPA、DHAは動脈硬化や認知症の予防に効果があるとされ、注目が集まっています。
寒流魚は氷点下の海中でも血液は固まりません。そのため血液をサラサラにする効果があるのです。
他にも脳機能の向上や抗うつ作用などもあると言われています。

魚油は酸化されやすい性質
しかし、魚油には弱点もあります。それは高度不飽和酸を多く含み、酸化されやすく褐色になりやすい
という点です。長期にわたって保存しておくと、空気中の酸素や湿気、熱、微生物などの作用によって
深いな臭いを発し、味が劣化してしまいます。

油脂成分が変化した食品は栄養価値を下げ、さらに進行すると毒性を示すようになってしまいます。
不飽和脂肪酸が酸化するのを予防する中心となるのがビタミンEです。

魚を食べる場合は、魚には魚油と共にビタミンEも含まれているのであまり心配いりませんが、
効率的に摂取するためにはサプリメントなどを用いるのもひとつの手です。

欠点の性質である酸化を防ぐために高温加熱をせず、精製せず、すべての行程を30度以下で行い、
オイルを酸素に触れさせないように工夫されたサプリメントも存在します。